初めての方へ
トップ > 初めての方へ > クラニオ・セイクラルワーク

* トップ
* 施療のご案内
* 初めての方へ
* 施療の簡単な流れ
* Q&A
* くるみについて
* 東洋医学の考え方
* セラピーのこといろいろ
*

* 院長ブログ
* リンク
* サイトマップ
* ぎゃらりースペース

開室日カレンダー


Main Content
施療の流れ

ここでは、各施療の流れを追いながら、初めて受診される方の疑問にお答えいたします。

| 通常の治療 | セルフ・トリートメント | アロマトリートメント | クラニオ・セイクラルワーク |

(4) クラニオ・セイクラルワーク

クラニオ・セイクラルワーク

ご予約の少し前にお入りください。(10分前からお入りいただけます)

  ↓  

予診表記入

予診表記入

簡単な質問表に記入していただきます。
おわかりになる範囲でお答えください。

  ↓  

面談

面談

過去の病気やけがについて、家族歴(ご親族の方のご病気の履歴)、薬やサプリメントの服用、アレルギーなど体質に関すること、生活習慣、ストレスに感じていることなど、お話できる範囲でおきかせください。
クラニオ・セイクラルワークでは、主に深さの違う3つの層にチューニングしていきます。
どの層に働きかけるのがベストか、また、あまり焦点を当てない方がいい層があるのかなどを把握していきます。

  ↓  

セッション

セッション用のテーブルに仰向けになっていただき、おもに、足(踵や大腿部)仙骨、頭に軽く触れていきます。

セッション1 セッション2

 

服装は、身体を締め付けないパンツルックでお越しください。
脳脊髄液の還流が骨や筋膜に反映して手に伝わる微細な動きにチューニングしていきます。
なるべく眠らずに、内側で起こっていることに意識を向けてみてください。

  ↓  

セッション終了後のシェアリング

体感やイメージなど、訪れた変化があれば、それをお互いに話します。

 

クライアント(受け手)に対して判断や指示を行う場ではなく、湧き起こってきた多くのものを認識しておくためのシェアリングです。
脈絡がないように点在していた体感やイメージが、後に、重要な意味を持って浮かび上がってくることがあります。

  ↓  

お茶をどうぞ

お茶をどうぞ

膜や液体の微細な変化にチューニングしたため、日常の刺激が過大に感じられる状態になっています。
騒音、激しい運動、熱いお風呂、刺激の強い食べ物、アルコールなどの刺激物を避け、ゆったりとお過ごしください。
施療後も数日間、身体は変化し続けます。
身体の変化と同時に、内的な変化にも意識を向け内側からのメッセージを受け取ってください。
もし何も変ったことがないように感じても、深いところでの変化は起こっています。


クラニオ・セイクラルワークについてもっとくわしくお知りになりたい方は、『くるみについて〜当治療室の考え方・クラニオ・セイクラルワーク』をご覧ください。


↑ *



| プライバシーポリシー | Copyright 2010 治療室くるみ All Rights Reserved.