初めての方へ
トップ > 初めての方へ > Q&A

* トップ
* 施療のご案内
* 初めての方へ
* 施療の簡単な流れ
* Q&A
* くるみについて
* 東洋医学の考え方
* セラピーのこといろいろ
*

* 院長ブログ
* リンク
* サイトマップ
* ぎゃらりースペース

開室日カレンダー

  Main Content

Q:

鍼は痛くないですか?

A:

深く刺入して激しい響きを起こすようなことはしません。
チクッと感じる程度です。
日本の鍼は、『鍼管法』という筒状の鍼の刺入補助用具を使うことによって、細くて刺激の少ない鍼のスタイルが確立しています。
特に、経絡治療とよばれる日本の古典派では、とても浅い刺入や肌に触れるだけでも十分な治療効果をあげています。

Q:

お灸は熱くないですか?

A:

気持ちの良い熱さ、ピリッと感じる程度の熱さで、患者さんの感受性にあわせて調整します。
熱いのを我慢していただかなくても十分効きますので、遠慮なくおっしゃってください。

Q:

跡が残りませんか?

A:

お灸は、直接肌に据えていきますが、温熱緩和、もしくは途中で取り除くことをしますので、火傷はしません。
ただ、黄色いヤニのあとが少し残ることがあります。
お灸の前にもご説明いたしますが、気になる方は、おっしゃってください。

当治療室では、深く刺入する事はしておりませんので、リスクは少ないのですが、鍼は、内出することがまれにあります。
患者さんの体質などに留意し、細心の注意を払いながら施術していきますが、まれにおこりうることをご了承ください。
血液は数日で吸収されますので、跡が傷になったりシミになるようなことはありません。

鍼灸以外の療法は、ソフトな刺激で道具は使いませんので、ほとんど痛くはなく、跡も残りません。


↑ *

Q:

生理の時は、受けても大丈夫ですか?

A:

治療をお受けいただくこと自体は、問題ありません。
むしろ、辛い症状が出ている時に受けていただくことによって変化を確認していただくことができますが、触れられることが不快に感じられたり、生理であることが気になり落ちついて受けられないようであれば、終わってから受けられるほうがよいでしょう。

Q:

保険はききますか?

A:

基本的には自由診療です。
医療控除はできますので、毎回お渡ししている領収書を、確定申告の時にご提出ください。

Q:

感染症が心配なのですが…

A:

トレーや刺入する鍼は、全てディスポーザブルを使っています。
シーツ、枕カバーも、クリーニング済みのものを患者さんごとにお取替えしています。

Q:

裸で受けるのですか?

A:

手首、足首、お腹、背中が楽に出せる格好であれば、上半身は、男性は、ランニングやT-シャツ、女性は、キャミソールやT-シャツ、下半身は、ゆるめのスラックスで大丈夫です。
大判のタオルや上掛けを使い、治療部位以外は露出しないようにして治療いたします。
ディスポーザブル(使い捨て)のショートパンツもご用意してあります。


↑ *

Q:

時間はどのぐらいかかりますか?

A:

患者さんの症状や状態によって違いますので、当治療室では、時間で区切る治療はしておりませんが、初診の方は1時間半、再診の方は1時間を目安にご予定ください。

Q:

どんな症状にききますか?

A:

鍼灸といっても、古典派、現代鍼灸、現代中医学などさまざまな種類があり、基本的な考え方やアプローチの仕方もさまざまです。
病変自体ではなく、その方の治癒力、健康に戻ろうとする力に働きかけるととらえれば、多くの症状にアプローチできます。(鍼灸、その他の手技療法ともに)
実際に体験、質問などして、その治療家の治療法、手腕、治療者観などに触れてみることをお勧めいたします。

鍼灸適応症のひとつの指標として、WHO(世界保健機構)の見解をご覧ください。

(1)WHO認定の鍼灸治療の適応症(1996年草案)

I.

運動器系
テニス肘、頸椎炎、頸部筋の筋膜炎(肩こり、首や肩の痛み)
肩関節周囲炎、関節リウマチ、変形性膝関節症、打撲とねんざ

II.

神経系
頭痛、片頭痛、緊張型頭痛、坐骨神経痛・腰痛、扁桃摘出後の痛み、抜歯後の痛み、ヘルペス後神経痛、三叉神経痛

III.

呼吸器系
急性扁桃炎・咽頭炎・喉頭炎、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、気管支ぜんそく

IV.

血管系
狭心症をともなう虚血性心疾患、高血圧、低血圧、不整脈、
心臓神経症(心臓に異常がないのに、動悸や不整脈を強く感じる不安障害の一種)

V.

消化器系
胆石症、胆石による疝痛、胆道回虫症、胆道ジスキネギー(胆道系に異常はないのに、胆石症に似た腹痛などがおこる。心因性が多い)

VI.

泌尿器系など
腎結石による痛み、夜尿症、尿失禁、尿閉

VII.

産婦人科系
月経困難症、分娩の誘発、月経の異常、女性の不妊症

VIII.

その他
脳卒中後などの片麻痩
白血球減少症(免疫の病気や薬の副作用などさまざまな理由で白血球が減少する症状)
メニエール症候群、近視、下痢、便秘、過敏性腸症候群(精神的なストレスで下痢や便秘、腹痛がおこる)、
男性の不妊症、勃起障害(ED)、肥満、うつ病、アルコール関連障害、薬物障害

これらは、西洋医学の理論と診断に基づいた疾患名や症候名です。
東洋医学は、西洋医学と異なる生命観、自然観や理論体系を持っており、診療にあたっては疾患名による診断は行いません。


↑ *

Q:

受けてはいけない病気、また受けてはいけない時はありますか?

A:

ケガや大出血、大やけどなど、外科的に急を要する時。
免疫能が低下し、感染の可能性が高い時。
出血性の疾患、急性伝染病、肺炎など高熱を発する疾患など。
悪性腫瘍への直接の刺激は行いません。

鍼灸治療、その他の手技療法共に、病変に直接働きかけることはしませんが、免疫力をアップさせるなど健康の底上げや予防として、また、悪性腫瘍などは、痛みの緩和など、生活の質を向上させるための手段として、ケガなどは、適切な処置の後のリハビリや、治りを促進する手段として有効です。

Q:

うつ病などの精神疾患にも効きますか?

A:

東洋医学では、脳ではなく、五臓という内臓を中心とした生理的なメカニズムに連動して、『怒』『喜』『思』『憂』『悲』『恐』『驚』の『七情(しちじょう)』の7タイプの精神作用が生まれ、この作用が異常なレベルに達すると、身体に変調を引き起こし、病気の原因になると考えています。(内因)
『身が調うと、こころも調う』『心身一如』の東洋医学の基本的な生命観に基づき、五臓のバランスを整えることで、結果として精神疾患の治療にも結びついてきます。

※東洋医学の考え方については、こちらをご覧ください。

Q:

受ける前や受けた後の食事は、どうしたらいいですか?

A:

受ける前後は、なるべく30分ほどは時間をあけるようにしましょう。
空腹すぎても低血糖で気持ちが悪くなってしまいますので、直前の食事は、消化の良いものを軽めに。
消化には、想像以上に多くのエネルギーを費やします。
治癒に働かせるエネルギーを、消化のために奪われることなく十分発揮させるためです。


↑ *

Q:

受けたあとに気をつけることはありますか?

A:

当治療室の治療は、ソフトで侵襲性の少ないものですが、身体には通常とは違った刺激が入っています。
根をつめたお仕事や刺激の強いこと(アルコール、刺激の強い食べもの、大音量の音、熱いお風呂など)を避け、 治癒力がゆったり働くような時間を過ごしてください。

Q:

どのくらい通えばよくなりますか?

A:

一般的に、早めの対処は早く回復し、長く放っておいたものや慢性的なものは時間がかかります。
また患者さんの治癒力、治療法との相性、患者さんが気づかずに行っている悪い習慣、食生活なども、回復にかなりの影響がありますので、これらのことをさぐりながらの治療になります。
初診から3回ほどは、前回の治療の定着度をみながら、身体の変化をみせていただくことになります。

一つの目安として、症状が強い方、慢性的な症状でお困りの方は、週に1回から症状が和らぐにつれて徐々に間隔をあけ、健康管理のため1カ月に1度の方もいらっしゃいます。

Q:

風邪も治りますか?

A:

ひきはじめの受診なら、発症の原因を探り、身体が変化したい方向へ導くことで治癒への経過をスムーズに過ごさせることができます。
押さえ込むことはしませんので、症状によっては、発熱があったり、汗が出たりのプロセスを緩やかに過ごし、 心身がリセットされたように回復を助けます。

Q:

骨折や捻挫にも効きますか?

A:

構造的な変化(骨折、筋断裂、靭帯断裂など)は、整形外科での適切な処置が必要です。
処置後に、当治療室では、いくつかの施療で回復を助ける処置をすることができます。

直後には…

刺絡で血(おけつ)(内出血)の排出を促し、回復を早めます。

リハビリの段階では…

お灸、鍼、その他の手技療法で、損傷部位の代謝を促進します。

その他…

治りを邪魔しているところに働きかけます。
経絡のバランスを整える
横隔膜の働きを整え、酸素の供給量を増やし、組織の滋養を助ける
体幹の軸を整える…などして、自己回復力、中心に戻ろうとする力の後押しをします。

※治りを邪魔しているものは、その方によって違います。
損傷部位への働きかけのみではなく、個々の患者さんの心身の事情を踏まえたアプローチこそが大切だと考えます。


Q:

『治療室くるみ』の名前の由来は、なんですか?

A:

『くるみ』の由来は、包む(くるむ)
赤ちゃんのおくるみのように、やわらかなエネルギーで、
訪れてくださった方を包む空間でありたいと願っています。

いらしてくださった方のエネルギーが優しく広がって、
また誰か大切な人を包むエネルギーとなったら…
そんな連鎖が起こることを願って、みなさまをお迎えしています。


↑ *



| プライバシーポリシー | Copyright 2010 治療室くるみ All Rights Reserved.